サスティナビリティ

虎昭産業は、持続可能な社会の実現に向けた取り組みを行っています

人権方針

虎昭産業は、人権尊重の責任を果たすため、「株式会社虎昭産業 人権方針」を定め持続可能な社会の共創に取り組んでいます。

株式会社虎昭産業 人権方針PDF

環境マネジメントシステム

虎昭産業は、環境への対応を重要な経営課題の一つと位置付け、CO2排出量や廃棄物の削減につながる設備投資も積極的に行っています。

環境省が策定した環境マネジメントシステム、エコアクション21の取組みを行っています。

2021年度環境経営レポートPDF

エコアクション21

再生可能エネルギーの活用

北関東もおか工場 太陽光パネル設置 (2022年3月)

発電量     半期264,589kwh
太陽光発電比率 本工場使用電力の約8%
CO₂削減量    半期102,132kg

再生可能エネルギーの活用
再生可能エネルギーの活用

廃棄物の削減

茨城工場 生ごみ処理機設置 (2022年9月)

  • 微生物を利用し、生ごみをほぼ水迄分解します。
  • 1日の処理能力は約500kgです。
廃棄物の削減
廃棄物の削減
廃棄物の削減
廃棄物の削減
黄色い粒のように見えるものは菌床です

フードロスを低減する取組

虎昭産業は、イノベーションによるフードロス低減の取り組みを積極的に行っています。
例えば、製造過程で空気と素材に優しいガスを置き換えることで鮮度延長を実現しました。消費期限が延びることによりお店さまでの販売機会が増え、売れ残り品の廃棄ロスの低減に貢献しています。

フードロスを低減する取組
たんぱく質が摂れる鶏むね肉サラダ

商品開発

虎昭産業は、持続可能な原材料調達を行っています。

Japan-GAP を取得した認証農場からの野菜の調達を推進

ASIAGAP/JGAP
※日本GAP協会HPより
商品開発

農家や野菜業者と協力的な関係を構築し安心安全な野菜・果物を調達します

JGAP指導員

生産者さまとの信頼関係構築のため
弊社社員もGAP指導員の資格を取得しています

植物工場野菜の使用を推進、天候に左右されにくい安定した調達

天然光型

天然光型

LED型

LED型

太陽光を活用する「天然光型」
人工光を活用する「LED型」
あるいは、そのハイブリッド

ふんわりサンチュのチョレギサラダ
ふんわりサンチュのチョレギサラダ
やわらかほうれん草ベーコンサラダ
やわらかほうれん草ベーコンサラダ